社会福祉法人明和福祉会 安養保育園

求人情報

採用について
 
★嘱託保育教諭を募集しています
現在、10:30~18:30で勤務いただく嘱託保育教論を募集しています。
クラス担任ではなく、主に居残りの子ども達のお世話をしていただきます。
興味のある方は下記お電話、WEBエントリーにて詳細をおたずねください。
 
★令和2年度採用について
令和2年4月から勤務いただく職員を募集いたします。
詳しくは下記の求人票をご覧ください。

 求人票    (124KB) 

PDFファイルをご覧頂くためには、Adobe Reader(無料)が必要です。
ボタンをクリックし、ダウンロードしてご覧下さい。

 

採用担当者
理事 松浦 田鶴
電話連絡先
TEL : 079-276-3680
*ご応募はお電話・WEBエントリーともに受付を行っております
施設見学について
随時見学していただけます。事前に上記担当者までご連絡ください
 

 

理事長メッセージ

 

 当法人の主体は、京都の東本願寺を本山とする浄土真宗のお寺です。戦後、近所の門徒さんから農繁期に家にいる小さい子どもたちを預かってほしいと頼まれ、私の父母が本堂で遊び相手になったのが始まりです。それ以来園舎を2度建て替え、現在の幼保連携型認定こども園安養保育園、保育所型認定こども園石海保育園に至っています。保育園を取り巻く環境は日々変わりゆき、私のような年齢を重ねた者にとってはその変化についていくのも大変な社会となってきていますが、保育園のあり方そのものは両親がお寺の本堂で始めた頃と変わりないと私は思っています。みんな違う「いのち」を生きていて、自分もお友達も同じ大切な存在なんだ、そんな大切なみんなと一緒に生きるって楽しいんだ、そう子どもたちが気付く初めての集団生活の場が保育園なのだと思うのです。

もちろん保護者の方や働く先生方、地域のみなさんも大切なひとりひとりです。お互いを尊重しながらそれぞれの立場で子どもさんの成長に関わっていく、大人にとっての保育園はそういう場でしょう。ただ、そんな理想的な状況になりにくいのが現状でもあります。いろいろな人に出会う中で、時には嫌な思いをして落ち込む職員の姿も見てきました。

どんな仕事もそれぞれ大変なのは承知していますが、私は保育園の職員ほど大変な大切な仕事はないと思っています。同じ年齢の子どもさんを担当したとしても、子どもたちが違えば保育の仕方が毎年同じになるわけではないのです。教科書もない中で、毎年、その子ども達の発達の様子に合わせて毎日の保育教育を考えていく、それも、どの子どもさんにとっても成長著しい大事な一年です。先生たちのプレッシャーはいかほどのものでしょう。ちょっと残って翌日歌う曲のピアノ練習をしたり、部屋の環境づくりや日々の保育の準備に追われる先生方、今度はこんなものを子どもたちに食べてみてもらいたいと家で試作品を作ってくる調理スタッフ達を見ていると、胸がいっぱいになります。こんな大変な仕事なのにがんばろうと思うその原動力は何だろうか。それはやっぱり「子どもが好き」という気持ち一つだと思います。最近多い「自分さえよければいい」のかと思えるニュースを聞くと、誰かのために努力できるということは幸せなことだとしみじみ感じると共に、そんな職員たちがより子ども達に集中できる環境をどう作っていこうかと私自身も前向きな気持ちになります。

自分にできるかなと自信がない方、少ししか経験したことがないと不安な方、久しぶりにやってみようかなと思われる方、どんな方でも「子どもが好き」であれば大歓迎!一緒に子どもたちのためにがんばってみませんか?

理事長 松浦 暁了

 

先輩の声

 

I保育教諭(平成17年入職)

I先生は数年前に結婚され、一昨年出産、昨年3月まで育児休暇を取っていました。

 

4月から復職して生活はどう変わりましたか?
思っていた以上に毎日時間に追われて大変です。でも今は仕事、今はプライベートと気持ちの切り替えができるようになり、ずっと家にいた頃より充実した毎日になっていると思います。
大変だと思いながら仕事を続けているのはどうしてですか?
楽しいからです。出産するまでは、正規だから何でも一人でしなければいけないと思っていました。でも副担任の先生方に恵まれ、相談したり助けてもらったりと一緒に保育していることが実感できてうれしく思います。子どもが3歳になるまでは勤務ローテーションも一部免除してもらい、子育てしやすい環境も感じています。
育児休暇を取ったことで仕事に対する考え方は変わりましたか?
休みの間に色々なお母さん方と話をし、どのお母さんも我が子が一番大事だということを改めて実感しました。そんなお母さんの気持ちを思いながら保育にあたりたいと思うようになりました。また、園長先生がよく言っている「どの子も一人一人違っていいんだ」ということを最近しみじみ感じ、年齢で発達を見るのではなく、これはこの子の個性なのかな、急がなくてもいいのかなとおおらかに子ども達を見られるようになったと思います。おおらかに見られるようになったのは子ども達だけでなく、お父さんお母さんも毎日忙しいんだから忘れ物などあっても仕方ないと思えるようになりました。それは自分も子どもの保育園の忘れ物をしてしまい逆に許してと思うことでもありますが(笑)。
子育て中、また、将来それを見据えながら求職されている方へメッセージをお願いします
仕事をしながらの子育ては、大変なことも多いですが、感じる達成感も違うものがあるように思います。子どもが熱を出したら、など不安なこともたくさんあるかとは思いますが、せっかく働きやすい社会になってきているのですからそれを有効に活用し、まわりに頼ったりしながら資格を生かして働いてほしいと思います。世界が広がりますよ!